読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職、ゆとり世代の生活

いたずらに時間を潰すニートマン

自分と他者を比べる無意味さとわかっていてもしてしまう自分。

 

平成5年生まれながら小学生ぐらいからこんな歳のとりかたしたいって人が沢山いた。筆頭は所ジョージ奥田民生。後はさまぁ〜ず木梨憲武辺りかな。

あの人達から感じられる気怠さと世の中を良い意味で舐めてる感じ、周りはどうでもよくて自分はこう思ってるよってのを言葉では特に表さずに体現する感じ。好きだった。子供ながらに童心のままな彼らに凄い魅力を感じてた。

そんな憧れはあっても実際の自分は小さな頃から周囲の顔色を気にして存在感を極力消して、波風立たない様に振舞ってた。

そういう人格形成ってのはどの段階で行われるのかな。近々ちゃんと調べてみますね。

 

そのまま内弁慶的な性格で近いところには敵を作らず、良いポジションを獲得してきた人生だった。

実際、働いていたつい最近までそう。元々、年上に可愛がられるの好きだったってのもあるけど社内営業みたいなごますりをやってました。笑

 

でも、敵を作りたくないという考えから出てくるその行動って結局は批判、否定される事に自分がビビってるだけなんだって気付いた。いや実際は分かっていたのに触れないで生きてきた。

予防線を張る事で居心地の良い環境を作り上げていただけ。結果的に自分の成長を遅らせてるだけなんだよ。

最近はLINEの田端さんのツイッター見て、自分は何て小さく無力なんだって思うね。批判を楽しみながら煽るぐらいの技量が欲しいし、そもそも否定される様な存在価値さえない。

昔、野村克也が「一流は批判、二流は賞賛、三流は無視」みたいな事を言ってた。そういう事ですよねまさに。

能力があったり、日々自分の事を全力でやってる人間からしたら三流が何て言ってようと興味も湧かない。まずは自分が同じ話を囲めるランクに行かないと悲観的な人間は安定出来ないんだと思う。

比べる意味はないけど比べられたい、優位でいたい自分がそこにはいて、実は一番評価されたいかまってちゃんなんです。

面倒な性格に生まれてしまいましたねー。私もこの粘質系の性格に自分で参っちゃってますよ。自己満だけで生きるなんて怖いですよ正直。社会人になると同級生と会ってもさいげなくマウンティングがあり、性格の変わる人間も出てくる。そちら側は人生の何処かで頑張った人なんだよきっと。運かもしれないけど己で掴んだ地位ですから、存分にひけらかして欲しい。コリドー通りでナンパでもしてくれ。俺もスペックがあればやりたいぐらいだ。

たかだか2ヶ月程だがベタなレールから外れてみるとこういう気にもして無かった事を時間を掛けて考えたりするから面白い。ニートにまでなった今、開き直りですよ。周りが合コンざんまいでもそいつはそいつ、俺は俺。割り切り。

自分ペースで自分に出来る事をしっかりやっていければそれでいいんじゃないかな。時代は爆速で進んでて、ただ働いてるだけだと仕事が奪われるなんて話ばっかりだけど、みんながみんなそんなタイプじゃない。堀内巨人の時代みたいに四番だけじゃダメなんだよ。宮本慎也を目指そうみんな。適材適所が必ずあるから。

今ある自分自身をしっかりと見つめて、そこから出来る事ややりたい事を自分の速度で見つけようよ。焦らずゆっくり、そんな人間が1人ぐらいいた所で世の中は変わらないから。俺はもう自分の速度で生きていくって決めたよ、

 

酒飲まないとかかない、かけない。

今は奥田民生のDVDみてる。zzz〜。

あ〜鳥が飛ぶ〜♪ 新卒一年でニート。他人と比べる人に。

 

今たまたまTOKIOの花唄を酔った状態で聞いとります。

毎日書かなければと思いつつ、どうもうまくいかない。新卒一年で貯めたなけなしの金で飲み歩くばかり。

同世代で悩んでる人って結構いると思うんだよな。

その人達の気持ちも聞いてみたい。俺は今がすごい楽しいし、悲観的な考えもない。

前に堀江さんの教育は洗脳だって話を読んだけど、まさにそう。結局、人は少なからず承認欲求があるし意識してなくても、いいねの1つでも知らない人から来れば嬉しいだろう。

それはきっとみんなそう。俺もただ気分や酔った勢いで書いた文に対して見ず知らず目を通して来れた人が評価をしてくれるのは正直めちゃ嬉しい。

我々平成初期に生まれた人間は育つ過程で世の中も大きく変わってリアルにウェブ.SNSの発展にタイムリーに関与し依存もしてる世代な気がする。仕方なく流れで登録して更新ゼロの人もこの世代には少なくないと思う。自身、私もそうです。ネット警察かの様にイケイケ勢や好みの子を受動的に待っている日々。

現実では怖いから知らないフリ。信仰もないのに知ってると思われる自分さえ怖くなる人も沢山いると思う。学生の時は凄い気にしてたし、そこまで仲良くない人間の日々を知ってるのはストーカー紛いの感覚だった。でも、あいつらはそもそもこっち側を意識もしてないし、何百もいるフォローの1人が詳細を見てる事なんかどうでもいいんだよ。

とりあえず更新しとけばリアクションしてくれるそこそこいけてる人間が十二分にいるから。結局、SNSは自己満だしリアルだって周りに何言われたってそいつに迷惑かけてなきゃ勝手に言っとけって話なんですよ。そもそも学生時代にイケイケの人種はそこに対して何とも思ってないから。

有難い事にある程度スクールカースト的に下位ではなかった自分からすると人は結局、自分が一番だし自分が納得出来ればそれでいい。そう思うよ。

他者と比べるから悲観的になったり、好きな事でもあの人の方が詳しいしって話になってしまうんだよ。そんなにお前のこと見てないよ。そう言いたい。自意識過剰だよ。

そこまでみんな周りの人間が何やってるかなんて興味ないし、あっても飲み会のほんのひとネタ程度なんだよ。内気な人間程、自分がやったら周りが〜なんて事を考える。俺もまだそうだけどね。

君の人生なんだよ。楽しみも責任も結局降りかかるのは自分。周りはそこまでこっちを気にして無いから。

そう思えば何でも出来るし精神で病んだりも無いと思う。最近やっとそう思える様になったよ。

俺がやばくなったって心配してくれたダチは飲み会の時だけ構ってくれるだけ。それで満足出来るならそれはそれで良し。だけど、そこまでいくと散々、SNSの更新を頻繁にする奴とか草とか言ってるくせに、こっちの方がよっぽど承認欲求強い奴じゃん。それに気付けるかだと思うよまず。そこから発信するならするで割り切ってやればいいし、しないならしないで自分の携わってない場面に対して妬いたりするのはナンセンス。

何回目になったかわからないけど、人生は自分が生きる為にあるんだよ。たまたま受信した他者の幸せや快楽に妬んだりする意味なんか本当にない。何ならそいつらだっめ凄い大変な時とかあるからな絶対。

何の話だっけ。深夜に芋ロックで書きたい事書いてるけど、以上は自分に言い聞かせてるんだと思う。それでも自殺とかは本当にない。死ぬならその前にやりたい事って考えたら沢山出てくると思う。金なんか関係ないじゃん死ぬなら。

逆にそれが自分のやりたかった事だってわかるし、それが幸福だって感じられるなら一旦やろ。無理なら死ねばいい。その気持ちで。

死ぬって次元までいけたなら序盤のSNSでイケイケの人が〜何て話なんか相当ちっぽけだと思える気がする。

こんな時間に酔った勢いで書かせて頂きました。これが悩んでる人や自害寸前の誰かの為になったらやった意味があるなって感じられる。

今生きてる人生は自分自身の為で他者と比べる必要なんか微塵もないんだよ。結局さ自己満だよ。自分が良ければそれでいい。他人と意見等が違うのは当たり前なんだよ。こっちの頭で理解出来る程、人間は単純じゃない。

違いがあるのは当たり前、そこから許す、更に咀嚼して理解をする。それが人間の付き合いってものだと思う俺は。

仲良い奴ほどそれを感じさせてくれる。思った事を言い合って考えの違いをぶつけられるのは最高だよ。それでも関係は崩れないから。尊重が大事。違うのが当たり前、これにつきますね。

着地点がわからないけど、自分に言い聞かせてる様な日記。自分は自分。他人と比べる事はやめよう。それだけです。

 

今の時代に生きるとは。

たった今ぼくは、学芸大学で飲んだうえに大井町で家系ラーメン食べた帰りです。よってます。

それでもこの今、この瞬間に感じている事がある。これは記さなければ勿体無い。今、たった今が素晴らしく良い気分だ。

学芸大学までの道のりは甘えと葛藤からtoeicのリスニングを聞いていたが、帰りは酒も入りそうもいかない。アジカンを爆音で帰って来た。春は短し歩けよ乙女を見たばっかりなのは理由ではない。

もとからめちゃ好きだわファック。

「荒野を歩け」は言わずもがな良曲だし、いつも通りごっちはナイスな曲を書いてくれてると思う。

そんな事ではない。今迄良いと思ってた曲もより良いのだよ。

特に「新世紀のラブソング」。これ一番好きなんすよ俺。何でかとか理由わかんないしわからなくていい。とにかくグッとくる。真理?この曲聴くと考えさせられるし、考える気にもさせられる。野球民だからか知らないけど、「あの日 僕がセカンドフライを上手に捕ったとして
それで今も抱えている後悔はなくなるのかな」なんて事は書けないし、書けるならバンドマンになってウハウハしたいぐらいですわい。でもこの導入で完璧掴まれたし聴かずにはいられなかった。

こうやって学生時代のワンシーンを回顧してる人はたくさんいると思う。あの時あんな風になってればなんてね。人生なんてそんなもんだと思うよ。あそこでって時に全て成功してたら今頃、山崎康晃(野球ファンなんで)か福士蒼汰ぐらいまでなってますよ。

でも実際は承認欲求満々を隠しつつ細々の日々が通例じゃんか。それでも生きていかないけないし、それで何とかやってる人ばっかじゃないすか。今は私自身、実家暮らしの東京生まれで甘々だし地方から気合入れて上京して来た人に比べたらしょぼいよ。でも、それも知らないし逆に言えば勝手にこっちの生まれた町に出て来て甘えてるな、なんて言われても困るわ。お前らの方がよっぽど地元じゃ負け知らず、悪い奴は大体友達みたいな感じで親の権力でデカイ顔を地元で出来るやんけ。知らんがな。勝手に東京来て東京民を批判すんなや。俺はまだニートで何とかやってくんや。(甘えの自己肯定。ごめんなさい)

はなしずれまくったわな。アジカンに戻るわ。

 

サビももちろんで俺史上最もでこの曲が好き。何故かはわからない。好きな曲、カラオケで歌う曲は他の方が多い。でも、そういう事ではない。俺の心に刺さりまくった。核心、現状を見事に体現された感じ。これは人生でもベストレベルよ。最初は何これって感じだったが聴けば聴くほどハマってく。現在も尚。

 

スターウォーズの日。May the force be with you。ついでに酒。

また時間が空いてしまった。いくつか書けることがあったのに、毎日書く癖つけないと。全ては継続。日々の積み重ねですよね。

 

先日、5月4日はスターウォーズの日って事で六本木ヒルズに行ってきた。

f:id:ttktkt0927:20170509133248j:image

なかなかの賑わいでコスプレの人がたくさんいたり、bb-8.c3po.カイロレン.ストームトルーパーを見れた。

f:id:ttktkt0927:20170509133901j:image

写真が少ない。笑

そもそもスターウォーズの初のは劇中の「May the FORCE Be With You」っていう決め台詞から来てた、5月4日(May the 4th)になったって言うシャレみたいなんなんですね。一応、ルーカスフィルムも公認でアメリカだともっと栄える日みたいだ。

 

六本木は去年、リップスライムが来てたりをJ-WAVEのラジオで聞いてたから今年こそと思ってたんだが、いまいちだったな。タダならまぁいいかと言う感じの感想。

たまたま近くでこんなのがあったんでさくっとやっちゃいました。

f:id:ttktkt0927:20170509135517j:image

サントリープレミアムモルツが新しくなった。武蔵野ブルワリーだそうです。

元々のプレミアムモルツが苦手だった自分は最近の香るエール になってからは結構好みだった。f:id:ttktkt0927:20170509140402j:image

従来にあった独特の風味が柔らかく鼻抜けのいいビールに変わった印象。

それがまた元に戻ってしまうのかと悲しい気持ちになりつつ、一杯100円だったので迷いもなく。

f:id:ttktkt0927:20170509140702j:image

結果から言うとそこまで違いがわかりませんでした。ごめんなさい。ビールの好みも何となくであるけど、一般的な人々はどう判断しているのか。しっかりと味で決める方はどの程度いるものか。一度調べてみたいものだ。

いい加減に飲みたくなってしまい、立ち飲みなら安く済むであろうと検索しながら麻布十番方面へ歩くといい感じの天麩羅屋を発見。天麩羅大好き。

https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13203048/top_amp/

喜久や。なかなか良かった。肉厚の蓮根、出汁で炊いた筍はそのまま食べても十分、味がする。普段はこんな洒落た町で飲むことはないが、機会があればまた行きたい。

f:id:ttktkt0927:20170509141822j:image

 

金がなかなか減ってきた。失業保険の範囲内でバイトを始めて行きたい。出来ればWEB関係で新しい技術を盗めるもの。とりあえずprogateにてちまちま勉強を継続中。

ローグワン。過去作品とは異なる人間関係と泥臭さ。

 

今日は予約してたこいつが来た。f:id:ttktkt0927:20170428021825j:image

スターウォーズ、ローグワン。

昨年末ぐらいに公開されて当日、品川のレイトショー行ったのを思い出しました。あの時はまだ仕事してたな。笑

 

本作はスターウォーズ エピソードⅣ/新たなる希望の冒頭部分

f:id:ttktkt0927:20170428022159j:image

帝国軍の兵器、 デススターの設計図を如何に同盟軍が盗んで来たかって部分のみの話。

当時、劇場で泣きました。今までのスターウォーズとは違う良さがあった。ジェダイもなし、フォースもライトセーバーもないけど泥臭い人間同士の衝突と後の平和の為に身を投げる人々に感動の作品。作品内の登場人物がそれぞれ性格に癖があって純粋なヒーロー、良い奴みたいなのがいない事がよりもどかしく愛おしい感じを与えてくれる。

映画館で見た後は、こういう映画は日本人に受けるだろうなぁって印象だった。少々くさい展開のお涙感も、分かりきっていながらも感動出来る。笑

友人には結構進めました。周りはスターウォーズ長いし話わからないって奴ばっかだったけど今作だけでも充分楽しめるよ。ⅢとⅣ見てたらより楽しめるよ程度の気持ちで、皆さんにも見て頂きたいですね。

英語の勉強になると勝手に位置付けて今日は大して何もせず見てしまったよ。

捗らないな勉強。英語、プログラミング。仕方なくやってる程度って事は特に好きでもないんだろうなぁ。好きな仕事と向いてる仕事は違うのかもな。いつまでニートで行こうかな。困っちまった。

 

別件ですが当面、インスタのアカウントを新規で作ってみた。普段はツイッターもインスタも全く発信するタイプじゃないんでこっちで色々、気にせず積極的に更新しようと思う。よろしくやで。

https://www.instagram.com/chikuwabu0/

サッカーはそこまで面白くないと思っていたが初のJリーグ観戦へ行った。

先週土曜日、埼玉スタジアムへ人生初のサッカー観戦へ行った。

浦和レッズコンサドーレ札幌

f:id:ttktkt0927:20170427001501j:image

 

率直にやっぱり生は違いますな。おもろいわー。って感じでテノヒラクルー。笑

 

今まで、野球はしこたま見てきたがサッカーはテレビでさえ、今がチャンスとか野球ほどわからないし画面に張り付くなんて面倒いわ。なんてそこまで関心なかったけど、レッズサポーターには圧倒されたよ。すごいねあれは。

プロ野球で言うロッテがあの雰囲気だよね。実際、ロッテの二軍が浦和にあるから応援団が親交あって互いに取り入れてるっていう事実を後に知った。

今回は辞めた会社の人に誘ってもらったのがきっかけでした。1年しかいない自分に声かけて貰えて感謝ですわ。

 

試合後はこんなことになってしもた。

これで次回以降はしっかりサポぶれるね。

f:id:ttktkt0927:20170427002435j:image

 

サッカー場は野球場より広くて通りや便所がそこまで混雑しない感覚だった。 

コンコース飲食関係はさすがに列は出来ちゃうけどね。

今回は相手がコンサドーレだった事もあるみたいで、これが鹿島とか相手も上位チームだとスタジアムの空気が随分変わるみたい。

試合そのものは3-2でレッズが勝った。内容的に首位としてはスッキリしない試合みたい。詳しいことは知らんが後半に小野伸二を見られたから良かった。誕生日同じなんでね。小野は元浦和レッズでかなりの功労者らしく、レッズサポからもすごい拍手が送られていた。野球以上にプレーヤーに対してドライな声援がある印象だった。

また行ってサッカーも詳しくなってきたい。

観戦なんかしてないで勉強か就活しろって話なんですけどね。がんばりまーす。

新卒1年で退社後、まもなく1ヶ月が経ちますが。

 

どーも、ニート1ヶ月です。

 

生活にも慣れ始め、だらだらし始めております。

正直言って、まだ何もしていません。

 

意識高く、ホリエモンの本

 

 

を読んで、少し気が楽になった。

これまで誰の目を気にして無駄な時間を過ごしてきたのか自分でもわからない。

小さな頃から、大人の顔色を伺い

これをやれば良い子だろう、気に入られるだろうなんて考えながら

敵を作らないようにしてきた。

結果、高校まで続けた野球でずっと主将やったり目立って良い経験もしてきたけど

それはあくまで学校内の小さな地位、表に出ればそんなの大した事ではない。

表裏の激しさで勝手に苦しみ、結果的に自身が見えなくなっている。

この歳になって今、まさにそのピーク感。そんな人ほかにもいませんかね。笑

 

学校教育そのものが国にとって都合の良い奴隷を育成する現場であり

強い同調意識に縛られる生活は、社会人になってからもそうだ。

これは日本だけなのか、海外を全然知らないからわからないけど

現代はもう国内で苦しんでる場合じゃないだろうし

小さな停滞島国の更に小さなコミュニティー内で対人に悩んでいるなんてもったいなすぎる。世界で同じ考えの人見つけた方が良いし、今の時代ならそれが出来るだろ。

そんな事言っときながら、英語出来ない(久しぶりのTOIECは490点)から英語も集中的にやりたいな。

 

この本は若いうち程、読む価値があると思う。

俺も、小学生ぐらいの時は周りが幼稚で本当に楽しくなかった。すかしてただけなのかもしれないけど、直帰でパワプロに明け暮れてた。

周りとの違いを悲観しするんじゃなくて、『違いこそが個性、長所だ!!』ぐらいの気持ちで生活したら良いんじゃないかな。今は人の事心配してる余裕もないけどね。笑

 

久しぶりに文字打って、文作ってるけど起承転結もなければ

繋がりもなくて愕然としてるよ。鍛えていきたいねここで。

 

最近は

ツイッターで胡散臭そうなwebで成功した情報商材系のアカウント見て

もし現実にいるなら羨ましいなと内心思ったりもしてます。笑

 

プログラミングに少々関心を持って、プロゲートhttps://prog-8.com/

とやらでいじってみてはいるものの、結局何が作りたいのって話で

まだ、具体的な物になっていません。悲しいね。

 

エンジニアになった人々はどういった士気を持って取り組んでいるんだろうか。

世の為、人の為なんて思えないですわ。

 

まずは、一人でも多くの人にこのブログを読んでもらえるように

少しでも有益で面白い文章を目指します。毎日書きます。